• とく

鳥取旅行一日目


11/19~20にかけて、

ガウディ有志で第69回全日本合唱コンクール全国大会in鳥取に行ってきました!

目的は大きく3つ。

その1

第19回定期演奏会で歌った「風紋」の世界観を体感すべく、鳥取砂丘にて風と砂丘を肌で感じること。

その2

混声合唱のためのコンポジション「日本の民謡 第7集」に収録されている「湯かむり唄」の舞台、岩井温泉でヤレヤレ♪すること。

その3、最大の目的

祝!全国大会出場!

耕友会の仲間であるインターカレッジ男声合唱団Voces Veritasの応援をすること。

天気予報は2日間ともあいにくの荒れ模様でしたが、「曇り男」こと我らが団長のおかげで(?)一度も傘を開かずに済みました。

一日目は、さっそく鳥取砂丘へ出かけました。

広い!一面の砂!砂!砂!!!

そして、遠くから聞こえる海鳴りの音。

年甲斐もなくテンションが上がるガウディメンツ!急斜面を駆け上ったり駆け下りたり、ジャケ写っぽい写真撮影大会をしたり…

…案の定、すぐにぐったり。

あとは寝そべったり、ひたすら歩いてみたり、ぼーっと海を眺めてみたり、思い思いの方法で砂丘をじっくり堪能しました。

雨上がりで砂が湿っていたため、残念ながらかすかな風紋しかできていませんでした。

しかし、「風紋」の中で風が男で砂丘が女に喩えられたことが、しっくりときました。

思ったよりも高低差の厳しい砂丘ですが、離れて眺めると滑らかな凹凸の陰影がなんとも美しい。

その砂丘の上を、絶えず海からやってくる風が優しく撫でて時には力強く抱きしめ、砂丘の柔肌は刻一刻と様相を変えているようです。

歌う前に訪れたら、実感を伴ったさらに深いイメージをもって歌えたのかな。