• Dancho

5/14の耕先生レッスン!!


少し日が空いてしまいましたが、ブログ更新です♪♪

先々週14日は、久しぶりの耕先生レッスンでした!!

時間が過ぎるのが本当にあっっっっという間で、大変充実したレッスンになりました♪♪

特に、体全体を使ってしっかりと声を出して音楽を作ること言語の持つ特徴を存分に活かして言葉を歌うこと一つ一つの音色に拘りを持って音楽を積み上げていくこと、など、音楽作りの基礎となる要素をじっくりと指導して頂き、音楽が見違えるように!

まだまだ道のりは長いのですが、9月の定期演奏会で皆さんに良い演奏を聴いて頂けるよう、今後も練習に励みます♪

そして、明日も先生レッスンです!! 今からでも間に合いますので、見学希望の方は是非ご連絡ください♪♪

団員一同お待ちしてます♪♪

練習情報はこちら↓ 【5/28(土) 18時~22時 @八王子市 北野市民文化センター】

以下、14日の雰囲気を少しだけおすそ分け。 ソプラノの団員が書いてくれた練習報告です♪♪

--------------------------------------------------------

【Zefiro Torna / C.Monteverdi】

イタリアのカラッと乾いたリズムで歌えるように!とご指導いただきました。イタリアは日本の1/10しか雨が降らないそうです(o^^o)

後出ししない!一度出したら音を身体から離す!ダンスのステップを踏むように重い軽いを感じて、リズムを捉えましょう。 また、例の体操で鍛えられる「骨盤底筋群」をつかって前も後ろも下半身を締めて、身体全体を鳴らして歌いましょう!

b6 単語終わりのlもしっかりと発音!「tempo」に重心がくるように b11 風!! b15 fiori e和音は広がりますが重心はio。b16からまた動き出す。 b19 長い音譜も引かない。前に前にリズムをとっていく。 b106 ここからゆったりとなりますが横に歌わない!長井音譜も体に響かせて音を離す!「e fere」の重心が最初のeにならないように。「selvaggie」二重子音に気をつけましょう。

どの単語が大事なのか考えながらリズムを捉えていきましょう!

【Abendlied / J. Rheinberger】

音色に敏感になるように!デッサンで終わらせずに色彩を持たせるのと同じように、和音の空気感を立体的に作っていきましょう。 牧歌的な晴れの日の、吸いたくなるような空気!雨を降らせないようにしましょう(>_<) 言葉の処理も注意を受けました。吐き捨てて揃えられるように練習していきましょう!

b1,2 男女共、固くならずに真っ直ぐ bleibの最後のb(p)吐き出す! b6 Bassから始まる牧歌的なフレーズ明るく b7 Altは木立に射す夕陽のように明るく! b10 Tenorから始まるフレーズはホルンの響きのように。歌わない! b19 音色を考えて歌う b45 縦を揃えて、身体を十分に鳴らして和音を作っていく。dennのnn,werdenのrなど吐き出して揃える! 最後Fピッチ落ちないように!

練習録音を聴いたのですが、まだまだ和音のハマりが悪いなぁ…という印象でした! (sopピッチ上がったり下がったりすみませんでした…m(_ _)m) 横に歌わずに和音で進めるように頑張っていきましょう(>_<)

--------------------------------------------------------

それではまた!

《室内合唱団 VOX GAUDIOSA は 松下耕先生のもと、東京都内で毎週土曜日夜に活動をしている一般合唱団です♪現在、絶賛団員募集中です♪♪》

#19回定演 #団員練習

13回の閲覧

© 1997-2020 by Chamber Choir VOX GAUDIOSA. All rights reserved.

  • Twitter Classic
  • c-facebook